歯周病専門医が行う
歯のトータルケアとメンテナンス

TEL: 03-3955-8143

診療時間: 9:30-19:00(土曜 17:00)

MAIL: contact@hosaka-dc.net

メニュー

ホーム > コラム > 歯にかかる「力」を意識したことはありますか?

歯にかかる「力」を意識したことはありますか?

歯周病や、歯の破折や補綴物の破損などのトラブルで来院される患者様の中に、

「普段しっかりケアしているのに・・・」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

もちろん、日頃のブラッシングは重要です。

では、

「歯にかかる力」は意識したことはありますか?

歯に過度な力が加わることでも、お口のトラブルがおきてしまうことがあるのです。

・食べ物を強くすり潰す様に噛む

・硬い食べ物を好んで食べる

・舌で前歯を押してしまう(下を向いて作業をすることが多い)

・日中のくいしばり(奥歯が常時接触している)

・強い圧でのブラッシング

・睡眠時の歯ぎしりや寝相

このような日常の動作でも、過度な力が歯にかかった場合、

歯周病の進行や歯が折れたりする等のトラブルに繋がってしまうのです。

お口のトラブルでお悩みの方、一度日常生活での姿勢や食事等を見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

しかし、寝ている間に無意識に行ってしまう歯ぎしりは対処が難しいですよね。

当院では歯を不要な外力から守るためのマウスピースや、スポーツ用のマウスガードの作成も行っています。

スタッフにお気軽にご相談ください。

また、就寝時に下顎が下がり、後退することによって生じる歯ぎしりは、

睡眠時無呼吸症も併発している可能性もあります。

この場合は上下のマウスピースを作成し、

噛み合わせを固定することで防止できる場合もあります。

お悩みの方はぜひ当院にいらしてください。

 

ページの先頭へ戻る